通信制大学の生徒は学割がきくのか?

通信大学でも学割が使える!利用するためのポイント

レジャー施設や携帯電話会社など、様々な場面で利用できる学割。通信制大学に通っていても、学割が適用されるのか疑問のある方も多いのでは無いでしょうか。
基本的には、通信制大学に在籍していても学割を受けることが出来ます。学割は学生のための割引ですので、通信大学生でも例外では無いのです。
通信制大学でも学割を受けるためには、通っている通信制大学の学生証を発行し、持っておくことがポイントです。
口頭の申請では学割を受けられない施設も多いため、学生であることをすぐに証明できる学生証を持っておくことはほぼ必須になってきます。学生証は自動で発行される大学もありますが、そうでない場合は申請が必要になりますので、早めに行っておくと良いでしょう。

こんな時には学割が効かないかも!

通信制大学に在学していても、学割が適用できない場合があります。
・学生証の発行が出来ない
通信制の大学によっては、学生証の発行に条件がある場合があります。一定の科目の履修をしっかりこなすなど、学生としてのきちんとした行動を行っていればほとんどの場合発行の申請には通りますが、学割を目当てに入学するなどの場合は発行されないことがあるため注意が必要です。
・通信制大学を対象外とした学割
中には、通信制大学を対象外にした学割もあります。数は多くありませんが、こればかりは諦めるしかありません。
・年齢制限のある学割
ある程度の年齢以上になると、学生でも学割の対象外になることがあります。20代後半以上で通信制大学に入学している場合は確認しておくと良いでしょう。

国語の教員免許を通信教育で取得することは可能です。各種教員免許が取得できる通信制大学を選択すれば、働きながら教員免許を取得できます。