通信制大学は定期試験はどうなっているのか

通信制大学とは、どんなところ?

通信制大学は、仕事をしながら学んで資格取得や卒業を目指したいなどの個々の事情に合わせた目的によって創られた大学のことです。キャンパスに通いながら勉強している通学生とは違って、自分の仕事や子育てなどの状況に合わせて自分のペースで学習を進めることができるのが最大の特徴です。現在は20万人以上の人が通信制の大学で学んでいます。また、学費も安く資格を満たしていれば誰でも合格できるので入学するのは簡単です。学部の幅は広く、自分の目的に合わせた学校を探して選ぶことができます。 ただ、大変なこともあります。大学から出される通信制の課題をためると大変になるので、いつまでに課題をやるといった期日を決めながらテキスト学習を進めていくことをおススメします。

定期試験の種類と方法

通信制の大学の試験方法は大きく分けて2つに分けられます。1つ目は、レポートを作成して提出したのちに科目終了試験を受ける方法です。この場合、レポートと科目試験の2つがそろって合格することで単位を修得したことになります。大学が指定した会場で受けることができるので、自宅から近い試験会場を探して受けに行くことができます。ただし、試験を受検する条件が厳しい場合もあります。また、レポートは合格したけれど科目試験が合格しなかった場合は再度申し込んで試験を受けなければいけなかったり、科目試験は合格したがレポートが不合格の場合はレポートを再提出しなければならなかったりと少々面倒です。2つめはスクーリングによる面接授業を受ける方法です。大学で行われる講義を受けて、課題等を提出し試験に合格することで単位を修得します。大学が会場となっていることもあるため、遠方の人は交通費や宿泊費がかかってしまうこともあります。

教育免許を通信で取得することが可能です。社会人でも気軽に取得が出来るようにカリキュラムが組まれています。